FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアコン関連のメンテをしましょう

最近、丈夫で有名なX300のエアコンの故障事例が増えてきているように思います。
丈夫だというのが、ここまで古くなって来ると逆にネックなのでしょう。
今まで全くエアコンに触れられてきていないのが、徐々に利いてきているのだと思います。


今はエアコン利いている、という方でも、一度はガス圧を点検し、エアコンホースや高圧バルブからの漏れが無いか確認しましょう。
漏れている場合は、ガスだけ足す、と言うような事はせず、出来る限り部品の交換を行って下さい。
ガスが漏れている=オイルも漏れている、という事なので、オイル不足によってコンプレッサの潤滑が足りず、コンプレッサを傷めたり、そのとき出た金属粉でエキパンをつまらせたりと、重篤な症状になる事もあります。
また、ガスを何度も足していると、湿気が入り、内部の腐食の原因になる事もあります。
早めの部品交換が、後の要らぬ出費を抑えます。


部品の交換が必要になった際には、必ずドライヤー(リキッドボトル/タンク)も一緒に交換して下さい。
古くなったドライヤーは、システム内部の湿気を除去する能力はなくなっていますし、古くなるとシリカゲルのような除湿剤がボロボロになって詰まりを引き起こす事もあります。


壊れているのが当たり前、というような認識のXJS/DD6のV12のエアコンも、きちんと手入れすればその信頼性は高いです。コンプレッサー、エバポレーター、コンデンサーというような大物よりも、ホース、エキパンバルブ。これを交換しておけばそうそう漏れたり調子悪くなったりする事はありません。
コンプレッサーは構造上必ずオイルが漏れるので、これは仕方ありませんが・・・
うちのXJSは寒いくらい利いています。


ということで、夏前に一度エアコンシステムのチェックをしては如何でしょうか?
スポンサーサイト

クランクポジションセンサー

みんカラにも書きましたが、クランクポジションセンサー不良によりエンストに見舞われました。
XJ40ではそこそこ多い症例だったようですが、X300では丈夫とされていました。
でもさすがに15年/17万キロも経てば壊れても不思議じゃないですよね・・・


症状をまとめておくと以下のような感じです。

・アイドリングがふっと下がる
・コイルと違い、酷い振動は出ない
・アクセルを開けるときちんと回るが、アクセルオフでエンスト
・一度エンストし始めると、再始動が困難になる
・暖まると症状が出る

意外ですが、「暖まると症状が出る」というのはクランクポジションセンサーの典型的症状なんだそうです。


10万キロ超えている方、早めに交換した方が良いかもしれませんよ・・・^^;

テーマ : 英国・イギリス車
ジャンル : 車・バイク

おいしいことばかりではないDIY

ご存知の通り、先日ヒーターポンプを分解整備しました。
新品だと6万円からするポンプですが、非常に小さな出費で直ってしまいました。
もちろん、このように簡単に安く直せることはDIYの醍醐味です。
この側面ばかり見ていると「出来る人は羨ましい」などというご意見を頂くのも分かるのですが、実際は隠れて失敗も良くしているので、勉強量を結構払うことになっています(笑)


例えば、足回りのブッシュ交換。
私は4日もかけてフロントの足回りをバラし、アームブッシュを交換しましたが、結局組み方がマズく、ブッシュが半年程度で切れてしまうことになってしまいました。
余分にブッシュ代を払うはめになっています。


フロントのハブベアリングも同様で、3セットほどダメにしました。
挙げ句、そのときの後遺症で今困っているのが、スタブアクスルと言ってベアリングを通す軸があるのですが、これが削れてしまってフロントハブにガタが出てしまっています。
もうこうなるとベアリングのクリアランスをいかに正しくしようともガタが出てしまいます。
近々交換予定にしていますが、これも無駄な出費ですね。
ベアリング代とスタブアクスル代だけで十分工賃が出たような気もします・・
もちろんHPのネタになるという意味ではおいしいのですが(笑)


DIYをしてらっしゃる方は多かれ少なかれ皆さんミスをすることもあります。
そんな無駄や苦労をわざわざやっても懲りずにDIYをやるのは?
と言えば、結局のところ、工程の楽しさと、自分のクルマの健康状態を隅々まで理解できるから、ということに他なりません。
どこが壊れるかビクビクしながらクルマに乗るのは精神衛生上よくないですからね・・


ということでこれからもまだまだやらなければならないことは多いと思います。
学ぶべきことも多いですね。
さて、次はどこを直さないといけなくなるでしょうか・・・?^^;

テーマ : 英国・イギリス車
ジャンル : 車・バイク

ローダウン完了!

ついにやってしまいました。
ヤフオクにて買っていたアーデンのローダウンスプリングと、アーデンのリアショックをインストールしました。
フロントショックは残念ながらオイルが漏れておりダメでした(現在クレーム処理中)ので、純正OEMのBOGEのままです。


乗ってる間はこんなことする気は全くなかったのですが、安かったためについついやっていまいました。


今日、最近お知り合いになった方がいて、その方のご好意で、とある場所にあるリフトをお借りして作業しました。
炎天下だったので死にそうでした(苦笑)
水2リットルにジュース2本飲み干し、すべて汗で流れて消えていきました。
リアのショック交換は本気で大変で、その方にお手伝い頂いてやっとのことで交換しました。


乗り心地ですか?
もはや、ジャガーではありません(笑)
ステアリングラックスペーサーも入れてますから、シートの剛性さえ高ければBMWもかくやという感じです。
フロントのショックの減衰力がもう少し高ければおそらく完璧だと思いますが、今の所大きな問題はありませんね。アーデンのスプリングは意外と巻き数多いので、結構ストローク量は確保されているようです。


リアはショックも換えているため、特にロール剛性が高くなりました。
全然腰砕け感ありません。
でも、ロールしなくなったせいで、曲がり角で思い切りアクセルを開けるとテールスライドするようになってしまい・・・お下品です(笑)
今までと走り方変えないと、ハイペースで山道なんかを走っているときは危ないかもしれませんね。


買って3年と数ヶ月、いい気分転換になったと思います。
NAのジャガーとしてはかなりスポーティ仕様になりました。もともとそういう車は好きなのでこれはこれで楽しいです。


フロントベアリング&アッパーホース交換

こちらではご無沙汰しておりました。

今回も自分のではございません。今回はお手伝いと言った所です。
next0n0さんのお車のフロントベアリング交換のお手伝いと、MASARINさんのお車のアッパーホース&サーモ交換をしました。

いやはや、一度、いや二度もリアベアリングをやると、フロントベアリングくらいならえらく簡単に思えてしまうとは、麻痺しているにもほどがあります。
締め付け圧だけ良く分からなかったので、XJSを楽しもう管理人のSHIOさんにお電話をしてヘルプして頂きました。
next0n0さんのお車で見させて頂いたので、自分のは完璧に出来るでしょう(笑)
いや、next0n0さんの分もしっかりできました。今回はいつもミスが出るのでいちいち写真に撮り、ネットでパーツ図見て、確認しながらやりまして、うまくいきました。

作業中にデジカメでいちいち写真を撮るのは、大変ですが、組み直す時のガイドとして非常に役に立ちます。

ベアリングのカラーはどっち向きだったか?
割ピンの向きは?
オイルシールの向きは?

写真とパーツ図できちんと間違えずに復元出来ました。

ボロくて捨てようかなーと思っているデジカメがあれば、汚い手でも使えますから、こういう道に活用するのも良いでしょうね^^

日曜は、予定では荷物が届く筈・・・です。
やっとエアコンなしの生活から解放されます。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。