スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もお世話になりました&今年最後にX300オーナーへのご注意を!

皆様、本年もありがとうございました。
来年は車両販売や修理なども考えて行きたいと思っております。
今後ともご愛顧のほど、宜しくお願い致します。


さて、X300オーナーの方へ今年最後の情報です。


最近、リレー不良によるエンスト/エンジン始動困難が何件か報告されています。
当該リレーは当店で扱っている以下の2種です。

item_231_2.jpg
1f0adb42c83765f7c1ae4318d6512373.jpg

X300オーナーの方々は是非以下のリレーをチェック/清掃、または交換する事をお勧め致します。

relay1.jpg

上記リレーロケーションは96年式のものですので、黒い防水リレーの位置は年式によって異なっている可能性が高いです。
外してエンジンがかかるかかからないかチェックすれば、イグニションコイルリレー/ECMリレーの特定は出来るかと思います。

あと2カ所、室内にも重要なリレーがあります。

relay2.jpg

relay3.jpg

一番上のリレーロケーション図にもありますが、「イグニションポジティブリレー」というのが、点火系統にバッテリー+電源を分配する非常に重要なリレーです。
電流が大きく、スパークして接点が傷みやすいので、是非一度点検する事をお勧めします。


少なくとも私が所有していた頃は全く報告されない事例でしたが、古くなってきたために防水リレーもダメになってきているものが少なからずあるようです。
こちらは非分解式ですので、少し高いですが、予備にひとつお持ちになる事をお勧め致します。


いずれの交換/清掃方法もメンテページに掲載しておりますので、宜しければご覧になってみて下さい。



スポンサーサイト

こんなモディファイは如何ですか?

X308ではなく、あえてX300を選ぶオーナーが増えてきた最近ですが、あえてここでX300のモディファイをお勧めしてみましょう。
殆どの内容は6発のNA限定ですが。


<純正流用>
・XJR用ステアリングラック
 V12には重すぎて厳しいですが、L6NAとは若干ギアレシオが違うため、ノーマルにこれをつけるとステアリングがクイックになります。ただし、中古品がそろそろ無くなってきていますが・・・

・XJR用リアサブフレームマウント
 XJRはリアのサブフレームマウントが固いです。より路面の情報がダイレクトに伝わるようになります。

・リアスタビ
 XJR以外にはどれにも付いていませんが、これは非常に有用です。
 ただしパーツも工賃も高い!
 しかしX300に惚れ込んでいる方なら価値はあります。高速走路での安定性は全く別もの。アンダー傾向が強くなることもありません。
 ホームページでX308/X100からの流用情報を載せています。

・フロントスタビ
 XJR用は勿論のこと、V12用も通常のX300用よりは太くなっています。
 交換することで回頭性が良くなります。

・リアペンドラムストラット
 デフを吊っているストラットですが、X300では左右1本ずつの棒なのに対し、X308では補強のバーまで入った左右一体ものに変わっています。意外と誰も知らないし興味も無いようですが、これを交換すればリアの剛性感はかなり変わるはずです。


<その他、当店で買える後付けパーツ>
・ウレタン製フロントショックロアブッシュ
 意外と効きます。そんなに荷重のかかるところではないので、ウレタンでも耐久性は問題ありません。
 ショップには出していませんが、1台分9300円です。純正と比べるとかなり高価ではありますが、ハンドルの切り始めの応答性がかなり上がります。サスアームがグニッとねじれるような感覚が無くなります。

・クランクポジションセンサーブラケット
 残り6個!
 これで生産打ち切りです。まだイギリスから入れようと思えば入りますが、品質は下がるのに値段は上がってしまいます。興味のある方はお早めに!
 AJ16エンジン全てに適合。点火時期を早め、エンジンフィールの改善および特にミッドレンジのトルクアップに繋がります。

・ステアリングラックスペーサー
 6気筒モデルに適合。
 ステアリングの応答性を高めます。また、マウントブッシュの劣化によるラックの遊びを修理するのにも使えます。


まだやったことの無いモディファイがある方、如何でしょうか・・・??

エンジン精度の差?

久しぶりの更新です。


現在、気になるところの洗い出しをしてくれという事で知人のクルマを預かっているのですが、これが95.5MYになるソブリンなんです。
うちのは96MYです。車体番号にして10000台分くらいのずれです。


この知人のクルマが、非常にエンジンのレスポンスよく、吹け上がりがうちのクルマと全く違います。
うちのクルマはクランクポジションセンサーブラケットのおかげでパワー感では劣っていないのですが、やはり吹け上がりのピックアップはマイルドです。
うちのだけが吹け上がり悪い(と言っても比べれば、の話で、普通の人にはそこまで違いは分からないと思います)のかと思っていたら、別の方の96MYソブリンもうちのよく似たフィーリングでした。


95MYと97MYのRを乗り比べた時もやはり95MYの方がずっとパワーありました。
3.2も95MYと97MY乗りましたがやはり95MYの方が(走行距離3倍くらい多いのに)鋭く吹け上がります。
この差は一体なんなんでしょうか?


以前カムプロファイルの話をしましたが、エンジンナンバーを調べた結果、この件はそれとは関係ない事が分かりました。
どうも95MYだけエンジンの精度が良いような気がします。
V12に関しては全く分かりませんが、少なくとも6気筒に関しては間違いなさそうです。
内装の質感も高いですし、買うなら95MY、なのは間違いないところです。
選べるだけのタマが目の前にあるならば、ですが・・・^^;


もうX300も良い個体は減ってきましたね。
内装パーツは生産中止のものが多く、一度傷んでしまったら完全に直す事は困難なので、これから買う方は内装重視で選ぶと良いでしょう。エンジン不調なんて15万もあれば何が原因でも絶対に直ります(センサー類一新できますから 笑)。


ともあれ、一体96年のマイチェンでエンジンに何があったのか、気になるところです。


テーマ : 英国・イギリス車
ジャンル : 車・バイク

アイドリングの上昇

以前私のクルマで起こった突然のアイドリング上昇。
どうも原因が分かったようです。


現在偶然にも全く同じ症状の方がいらっしゃって、ディーラーでテスターをかけたところやはりスロットルポテンショメーターの不具合による物だったとのこと。
また、以前探したときには、海外でも同じような症例がありました。そこで書かれていたのは、本体が悪くなるばかりではなく、スロットルボディのへたりによって、スロットルのポジションが規定値外に外れてしまう可能性です。

スロットルは、新品を取付ける際には、SSTによってポジションを見つつ、横の調整ねじを回してバタフライの位置を正確に合わせる必要があるとの事。バタフライの位置を検知しているのがポテンショメーターな訳ですから、スロットル自体がポテンショメーターの情報を狂わせる事もあり得る訳です。

従って、突然1300-1500回転くらいにアイドルが上がり、若干ハンチング(アイドリングの上下)を伴うようであれば、ここを疑うのが良さそうです。
恐ろしい事に稀とは言えないくらいこの症状は出ているようです。
ポテンショメーター自体はただの可変抵抗で故障しにくいですから、ECUのリセッティングだけで行けるとは思いますが、ディーラーでないと出来ない作業なので、できればポテンショメーターも替えてしまった方が良いでしょう。

テーマ : 英国・イギリス車
ジャンル : 車・バイク

X300のコードネーム

ジャガーのXJシリーズ、95年以降は X300系とひとくくりにされるのが普通ですが、実は細かくコードネームが割り振られています。

X300(6気筒NA)
X305(V12)
X306(SCモデル)
X330(V12 LWB)


ということで他のモデルのコードネームもついでに載せておきます。
どれくらいご存知でしたか?^^
※残念ながらオリジナルXJシリーズ(Sr-1~3)のコードネームはソース発見できませんでした^^;
シリーズ3はXJ27-57の間の番号が開発段階で割り振られていたようです。初代XJ Sr-1は"XJ4"というコードネームでした(XJ1~3はその開発途中に使われた)。


XJ27 : XJ-S V12 (1975-1990)
XJ28 : XJ-S V12 カブリオレ (1985-1988)
XJ57 : XJ-S 3.6 (1983-1990)
XJ58 : XJ-S 3.6 カブリオレ (1983-1987)
XJ77 : XJ-S コンバーチブル (1989-1990)
XJ87 : XJS V12 (1991-1995)
XJ97 : XJS V12 コンバーチブル (1991-1995)
XJ88 : XJS 4.0 (1991-1996)
XJ98 : XJS 4.0 コンバーチブル (1992-1996)
XJ40 : XJ6 (1987-1994)
XJ81 : XJ12/DD6 (1993-1994)
XJ41 : Fタイプクーペ
XJ42 : Fタイプコンバーチブル
X100 : XK8/R (1997-2002)
X103 : XK8/R (2003-2004)
X104 : XK8/R (2005)
X150 : XK (2006-)
X200 : Sタイプ (1999-2002)
X202 : Sタイプ (2003-2004)
X204 : Sタイプ (2005-2007)
X250 : XF (2008-)
X300 : XJ6 (1995-1997)
X305 : XJ12/DD6 (1995-1997)
X306 : XJR (1995-1997)
X330 : XJ LWB (1996-1997)
X308 : XJ8/R (1998-2003)
X338 : XJ8 LWB (1998-2003)
X350 : XJ6/8/R (2003-2007)
X355 : XJ8 LWB (2003-2007)
X358 : XJ6/8/R (2007-2009)
X351 : XJ (2010-)
X400 : Xタイプ (2002-2003)
X404 : Xタイプ (2004-2009)


テーマ : 英国・イギリス車
ジャンル : 車・バイク

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。