スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おいしいことばかりではないDIY

ご存知の通り、先日ヒーターポンプを分解整備しました。
新品だと6万円からするポンプですが、非常に小さな出費で直ってしまいました。
もちろん、このように簡単に安く直せることはDIYの醍醐味です。
この側面ばかり見ていると「出来る人は羨ましい」などというご意見を頂くのも分かるのですが、実際は隠れて失敗も良くしているので、勉強量を結構払うことになっています(笑)


例えば、足回りのブッシュ交換。
私は4日もかけてフロントの足回りをバラし、アームブッシュを交換しましたが、結局組み方がマズく、ブッシュが半年程度で切れてしまうことになってしまいました。
余分にブッシュ代を払うはめになっています。


フロントのハブベアリングも同様で、3セットほどダメにしました。
挙げ句、そのときの後遺症で今困っているのが、スタブアクスルと言ってベアリングを通す軸があるのですが、これが削れてしまってフロントハブにガタが出てしまっています。
もうこうなるとベアリングのクリアランスをいかに正しくしようともガタが出てしまいます。
近々交換予定にしていますが、これも無駄な出費ですね。
ベアリング代とスタブアクスル代だけで十分工賃が出たような気もします・・
もちろんHPのネタになるという意味ではおいしいのですが(笑)


DIYをしてらっしゃる方は多かれ少なかれ皆さんミスをすることもあります。
そんな無駄や苦労をわざわざやっても懲りずにDIYをやるのは?
と言えば、結局のところ、工程の楽しさと、自分のクルマの健康状態を隅々まで理解できるから、ということに他なりません。
どこが壊れるかビクビクしながらクルマに乗るのは精神衛生上よくないですからね・・


ということでこれからもまだまだやらなければならないことは多いと思います。
学ぶべきことも多いですね。
さて、次はどこを直さないといけなくなるでしょうか・・・?^^;
スポンサーサイト

テーマ : 英国・イギリス車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。