スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<パーツ紹介>アッパーアーム用ウレタンブッシュ

アッパーウィッシュボーンブッシュのお話です。
X308までのモデルのアッパーウィッシュボーンブッシュのパーツナンバーは以下のようになっています。


XJS/Sr-3
XJS_Sr3.jpg
CAC9295
  +ワッシャーC29975 片側4枚 


XJ40前期
XJ40_36.jpg
CAC9295
  +ワッシャーCAC3554 片側1枚(ねじの部分に当たる真ん中の径の小さいなワッシャー)
  +ワッシャーCAC9295 片側3枚(シャフトに通る真ん中の径の大きなワッシャー)


XJ40後期/X300
XJ40_X300.jpg
CBC5523


X308
X308.jpg
CBC5523


まず、X300とX308のアッパーアームブッシュが完全に同じですね。これはプレスで圧入するタイプになっています。


また、XJ40のマイナーチェンジのとき、アーム自体はパーツナンバーこそ変わりましたが物は変わっていません。
従って、実はSr-3/XJS用のブッシュと、それ以降の圧入式ブッシュは、それぞれ交換可能なのです。
ただし、Sr-3/XJS用のブッシュにはワッシャーを必ず一緒に使わなければなりません。


これの何が役に立つのかと言うと、ウレタンブッシュを入れる時ですね。
XJ40/X300用のブッシュはこのような形状をしています。

33_1_59.jpg

青矢印の所に隙間があるのがお分かり頂けると思います。
ここで微妙な振動を吸収し、柔らかいステアリング感覚を実現しているのですが、これが同時に心もとないハンドリングにも繋がっています。
轍などがあると、ここの隙間分アームが動くため、ハンドルを取られやすくなるのです。


その分、Sr-3やXJSではここの隙間が無い構造のため、低速域での直進性は意外と悪くありません。
ただしブッシュ自体の耐久性という点では後のタイプのブッシュに分がありますが。


ハンドリングをもっとしゃきっとさせたい場合は、このアッパーアームブッシュをウレタンブッシュに換えるとかなり効果があります。ここはそんなに重量を支える部分ではないので、耐久性も心配ありませんし、乗り心地にも影響はありません。


ただ、X300用と名のついたブッシュは何故か出ていないのです。
XJS、XJ40、X308、それぞれは全部出ています。
しかしつまるところどれも形状は同じで、X300にも使えるということです。
XJS用はワッシャーが違う可能性があるため、ワッシャー(XJ40前期用)さえ手に入るならこれを他のモデルに使っても構いません。


ちなみに、有名なPowerflexのブッシュは超高額ですが、XJS/Sr-3用のブッシュにワッシャーを組み合わせればそれなりの価格に収まります。
それでも合計すれば16000円とそこそこの値段がするパーツではありますが、効果は絶大です。
どうも高速域での運転が気になるという方、一度お試しになってみてはいかがでしょうか・・・?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。